自動車の運転免許はいくつから?

日本では、普通車の運転免許取得を18歳を迎える誕生日2ヶ月前からと定められています。ですから、6月生まれの人は早めの4月から入校することが可能です。

入校前に必要なもの

  • 住民票
  • 身分証明証(パスポート・保険証など)
  • 印鑑
  • 証明写真
  • 入校金

多数の割引もアリ!自分の条件にあわせて合宿免許選びをしてみよう

男女

豊富な割引

運転免許取得をお考えなら通学か合宿、どちらかの方法を選んで教習所に通いましょう。最近では合宿免許を実施する教習所が増え、自分の好きな土地を自由に選ぶことができますよ。
また、複数人で通うのならグループ割を適用できるので、通常よりも安く免許取得を叶えるられます!その他にも早期予約で早割、女性だけの予約で女子割など教習所によってさまざまな割引が備えられているので、自分の条件にぴったりの一校が見つかります。

ホテル?寮?

教習所によっては、地元のホテルと提携して教習生の宿泊先にしているところもあります。寮の場合、ツインやトリプル、団体部屋であるとプライバシーが気になる・・ということであれば、シングルでも利用できるホテルを選んでみては?
また、プランによりけりですが、朝晩の食事が全てつき、リラックスできる大浴場を兼ね備えたところもあります。同じく寮も食事付き、またはなしを自由にプランで組み合わせられるので、予算と照らし合わせながら選びましょう。

部屋タイプ

上記でも挙げたように、寮であれば複数の部屋タイプに分かれます。勉強に勤しみ、プライベートを守りたいという人にはシングルがおすすめ。しかし、友達やカップルで通うならツインやトリプルでもいいでしょう。一部屋に対し、利用人数が多い方がトータルとして教習料金が安くなります。
一例を出すと同期間に対し、シングルだと平均して約26万円、ツインだと約24万円、団体部屋だと約23万円と差額が生じます。現地での細かな諸経費は別途必要になるので、予算には余裕をもつことをおすすめします。

長方形バナー2

[PR]
TOPテキストリンク1
TOPテキストテキストテキスト

ドライバーになりたい!その為に必要なことは一体なに?

合宿免許を卒業するだけで免許取得できますか?

いいえ。自動二輪以上の免許を所有していない人は、運転免許試験場にて本試験を受けなくてはいけません。合宿免許では卒業検定までを実施しますので、運転技術を全て学ぶのが教習所、交通ルールの全てを熟知し、合格基準を超えているかを確かめるのが運転免許試験場です。

合宿免許は地元でしか通えないですか?

いいえ。通う先は住所問わず、日本全国どこの教習所でも通えます。ただし本試験を受ける運転免許試験場は、住所のある地域限定と定められているのでご注意を。

なるべく安い料金で通いたいんですが、割引はありますか?

はい。教習料金の割引は教習所によって異なりますが、早割や団体割、学割を適用するところが多いでしょう。少しでも安くしたいならシーズンオフもおすすめです。

学校の長期お休みのときは学生がたくさんいますか?

これは教習所の立地によって大きく異なりますが、近くに教育施設のある教習所であれば、夏と冬、そして春の長期連休時は繁忙期を迎えます。もしもシーズン関係なく通えるのであれば、シーズンオフの方が教習予約も取りやすく、より最短期間で取得に至りますよ。

正方形バナー1

[PR]
TOPテキストリンク2
TOPテキストテキストテキスト

[PR]
TOPテキストリンク3
TOPテキストテキストテキスト

[PR]
TOPテキストリンク4
TOPテキストテキストテキスト

長方形バナー3

[PR]
TOPテキストリンク5
TOPテキストテキストテキスト

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中